UPDATE 更新情報

日本U23/U19/U15トライアスロン選手権レースレポート

10月17日(土)に長良川で開催された、日本U23/U19/U15トライアスロン選手権に広島県トライアスロン協会の強化指定選手4名が出場致しました。
※U15選手権は低水温の為デュアスロンに変更して実施されました。

 

『レースレポート』

 

【U23男子 松浦達也選手】


結果:18/30位

 

いつも応援していただきありがとうございます。
今回は先日出場した【日本U23トライアスロン選手権】のレースレポートを書かせていただきました。
まず、雨の中現地でサポートして頂いた方々やYouTubeや速報を見ながら応援して頂いた方々、ありがとうございました!

レース当日は雨で気温、水温ともに低く、ウエットスーツを着用してスイムを行いました。
出場した選手の中でスイムがかなり遅い方でしたので不安でしたが、なんとか集団を作りながら泳ぐことが出来ました。

バイクは自粛中に強化していた成果が出せた内容でした。
4周回あるうちの1周目の最初で5人ほどの集団を作ることが出来、そこから3周目までに10人を超える集団にまでなりました。
最終回で集団を分散させようと試してみましたが、力不足でした。

最後のランに移る為のトランジではバイク中に身体が冷えていてなかなかシューズを履くのに苦労しました。
スタートしてすぐも脚を攣り、自分が思い描いていたレースプランとまではいきませんでしたが、今の自分の力は出し切ることは出来ました!

今回のレースを通して、いろんなレース経験を積んでいる選手のプランの上手さ、悪天候にも対応しているところなどを見て、まだまだ学ぶことも練習していくことも増えました!
とりあえずこの冬は来年度に向けてスイム強化を頑張っていきます!

 

 

【U19選手権/全国高等学校選手権男子 櫟良晃大選手】


結果:U19選手権 14/29位  全国高等学校選手権 7/21位

 

今大会はスイムの序盤のバトルに負け、抜け出すことが出来ず、スイムアップが予定よりも遅くなったのが大きな敗因となりました。
一方でバイクでは積極的に前を引くことでスイムの遅れをなんとか挽回出来たので、今後の自信にも繋がるとても良い内容でした。
また、以前から課題だったトランジションも、今大会ではスムーズにこなすことが出来たことはとても自信になりました。
順位だけを見れば去年よりも良い結果ですが、内容にあまり納得出来ていない分、素直に嬉しいとは言えない結果でした。
今回のレース内容と結果をしっかりと受け止めて、次の大会でより良い結果を残すため、また練習を積んでいこうと思います。
これからも応援宜しくお願いします!

 

【U15男子 吉﨑雄大選手】


結果:24/30位

 

今回のレースはとてもいい経験になった試合だと思います。レースでは、悪かった点と良かった点があります。
まず悪かった点は、寒さに対応出来ずアップが少なかった事で腰が痛くなり、しっかりと自転車を回せなかった事です。
一方で良かった点は、第2ランを腰が痛い中でもしっかりと今まで以上に走れた事です。
この経験を生かして、今後はランはスピード強化をしていき、バイクは1人でもしっかりと回して走れる様な練習をしていきたいです。そして、季節や温度に対応出来る様にしていきたいし、今後はしっかりとアップして万全の状態で試合に臨みたいです。

 

【U15女子 吉﨑帆南選手】


結果:26/30位

 

大会を終えて…
私は初めてU15日本選手権に出場しました。
その日は雨でアップもしっかり出来ていなくて、体がとても冷えていました。私はスタートしてから全然、体が動きませんでした。バイクも第2ランもずっと体が固まったままで、自分の本来の力が発揮出来ず、とても悔しかったです。
大会が終わった後、私はアップが全然足りていなかったんだと思いました。みんなしっかりとアップをしていたので自分のアップの量がどれだけ足りていなかったかというのを実感しました。
私の来年のU15日本選手権に向けての改善点は、
・しっかりアップをする事
・トランジッション練習する事
・危ない所をしっかり確認する事
です。
来年のU15日本選手権は自分が練習してきた成果をしっかり発揮し、悔いのない様な大会にしたいです。

2021年度JTU登録受付開始のお知らせ

2021年度のJTU登録を受付開始いたしました。

※受付開始は2020年10月1日正午(予定)からです。

詳細は下記ページをご確認ください。

 

http://www.hiroshima-tri.jp/member/

第26回日本トライアスロン選手権中国ブロック代表選手推薦枠について

第26回日本トライアスロン選手権中国ブロック代表選手を希望する選手は
以下の第26回日本トライアスロン選手権中国ブロック代表選手選考についてを
確認していただき、以下の日本選手権中国ブロック代表選手選考申込書をすべて
記入し提出先まで間違えのないようメールまたはFAXで送信してください。

 

【ダウンロード】

 

日本トライアスロン連合(JTS)第3種公認審伴員認定試験受験・更新講習会について

日本トライアスロン連合(JTS)
第3種公認審伴員認定試験受験・更新講習会について

2020年度日本トライアスロン連合(JTS)第3種公認審伴員認定試験受験・更新講習会をコロナ感染症が収束していない中、8月23日(日)(公財)広島市文化財団 二葉公民館において6名の受講生を迎えて行われました。

 

 

講義内容

前半

当協会独自の救命救急講習会を今回はコロナの関係で実技を行わず止血の仕方、AEDの取り扱いの仕方を講義のみで実施しました。皆真剣に取り組んでいました。
審判員制度の説明、審判員の役割、目標と重点項目、競技規則の精神をはじめ競技規則について1条から17条まで解説しました。

 

 

 

後半
暑い中、協会の活動方針を中心に、また競技規則を確認しながら、内容にあわせて実例を挙げながら、質疑応答の形で講義を実施ししたことで、受講者各自が理解を深める内容となりました。
最後に理解度テストが行われ講義の内容を確認し終了となりました。コロナ感染症が収束の発表があれば、早い時期に講習会を開催したいと思います。

 

JTU 第3種公認審伴員認定試験受験・更新講習会について

例年であれば2月に開催を行っておりましたが新型コロナウイルスの
感染拡大による自粛を受けまして延期ををしておりました講習会を
下記の日程において開催する予定としました。
詳しくは案内資料をダウンロードして頂きご確認の上、お申込みください

尚、新型コロナウイルスの感染状況により施設利用制限そして外出自粛など
が発生する可能性がございます。状況を見極めながらの開催となることを
ご了解頂けるようお願い申し上げます。

期日 2020年 8月23日(日)
時間 9:30~17:00

会場 (公財)広島市文化財団 二葉公民館 6階
      広島市東区東蟹屋町9-34 広島市東区総合福祉センター
主催 (一社)広島県トライアスロン協会 審判部

 

【JTU公認審判員申請書ダウンロード】

▶JTU公認審判員 申請書(PDF)

▶JTU公認審判員 申請書(Word)

 

【JTU公認審判員3種認定試験・講習会についてダウンロード】

▶JTU公認審判員3種認定試験、講習会について(PDF)

▶JTU公認審判員3種認定試験、講習会について(Word)

ASTCアジアトライアスロン選手権2020廿日市 延期日程のお知らせ

コロナ禍で延期となっておりましたが関係団体と協議の結果、延期日程が決まりました。

詳細は大会ホームページを参照ください。 

 

担当 藤原

 

https://www.astc-hatsukaichi.jp/news.html

【ジュニア強化A指定】吉﨑 帆南 選手

名前:吉﨑 帆南(よしざき はんな)

生年月日:2007年11月9日

スポーツ競技歴:水泳:7年目 / トライアスロン:5年目

自分にとってトライアスロンとは:ゴールした時、自分にしか味わえない達成感と自分にしか見えない最高の景色が見える、私にとっては特別なスポーツです。

目指す理想の選手像:上田藍選手です。他の選手と比べてとても小さい身体でどんどん立ち向かって行く姿を見て感動しました。私も身体が小さいから上田藍選手のように何事にも負けずどんどん立ち向かっていく選手になりたいです。

練習するときに大事にしている事:どんなに練習がきつくても、決して諦めずに努力を積み重ねていく事を大切にしています。

今現在強化している事:バイクと体幹です。腰が曲がって姿勢が悪くなるとバイクで軸がぶれるので体幹を鍛えたいです。バイクは全体的に遅く苦手なので速く漕げる様に強化しています。

今後の目標:長良川U15日本選手権で優勝する事です。大人になってからはオリンピックに出て優勝し、世界の舞台で活躍したいです。

応援して下さっている人達に一言:皆さんからの応援があるとしんどい時でも元気が出ます。これからも日々努力を重ね、どんどん強くなって、オリンピックに出られる様に頑張って行きますので、どうか応援、宜しくお願いします。

【ジュニア強化A指定】吉﨑 雄大 選手

名前:吉﨑 雄大(よしざき ゆうだい)

生年月日:2005年4月4日

スポーツ競技歴:水泳:8年目 / トライアスロン:5年目

自分にとってトライアスロンとは:生涯をかけてやっていきたいスポーツです。なぜなら、僕はトライアスロンが大好きだからです。上位に入った時やゴールした時の達成感を一生味わいたいしその達成感を皆さんに知って貰いたいです。

目指す理想の選手像:世界で活躍されているゴメス選手です。身長はそこまで高くないのに、水泳で戦い負けしませんしランの粘りがとても強いです。僕はそんな選手を理想としています。

練習するときに大事にしている事:どんなにキツくても諦めない事。まだ自分では出来ていないけど、弱音を吐かない事です。

今現在強化している事:精神面と体幹とランです。試合前等にとてもネガティブな考え方をしてしまうので、そこを直していきたいです。そして、体幹はスイムで戦い負けしないように鍛え、苦手なランの強化をしています。

今後の目標:U15.19日本選手権等の大きな大会で表彰台に上がる事です。

応援して下さっている人達に一言:僕は今後もずっとトライアスロンを続けていきます。その時に皆さんの応援があるか無いかで、試合の時の気持ちの持っていき方が違います。今後も応援して下さればとても嬉しいしありがたいです。今後もどうか応援を宜しくお願いします。

【ジュニア強化A指定】櫟良 晃大 選手

名前:櫟良 晃大(なぎら こうた)

生年月日:2003年10月5日

スポーツ競技歴:水泳:5年 / 陸上:4年目 / トライアスロン:4年目

自分にとってトライアスロンとは:僕にとってトライアスロンは夢と出会いを与えてくれるものだと思います。1つの夢を追いかける途中で沢山の仲間やライバル、応援して下さる方々と出会う事で、夢実現へのヒントや、自分に足りないものが何なのか教えてくれます。

目指す理想の選手像:とにかくポジティブな選手でありたい!

練習するときに大事にしている事::常に質の高い練習を心がけています。

今現在強化している事:3種目とも、まだまだ強化すべきところだらけですが、どの種目もフォームの強化に取り組んでいます。ただ速い選手を目指すのではなく、無駄な動きがなく速い選手になれるよう色々な方々からアドバイスを頂いてます。

今後の目標:今年の目標:全国高等学校トライアスロン選手権入賞 / 将来の目標:国体代表選手に選ばれる、日本選手権出場

応援して下さっている人達に一言:いつも応援ありがとうございます。この応援が僕の元気の源です!今年も1レース1レース全力で自分の走りをしていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

【一般強化指定】松浦 達也 選手

名前:松浦 達也(まつうら たつや)

生年月日:1997年4月2日

スポーツ競技歴:水泳:小学1年から中学3年まで / 陸上競技(短距離):小学5年から高校3年まで / トライアスロン:4年目

自分にとってトライアスロンとは:今までやってたスポーツを両方活かすことのできるスポーツであり、今までで1番楽しくて、ゴールした時の達成感が半端ない競技です!

目指す理想の選手像:弱点のない選手を目指していて、尚且つ最後のランで勝負出来る選手になりたいです。

練習するときに大事にしている事:怪我をしない事を1番大事にしています。
積み上げてきたものがダメになる事が1番くやしいので、アフターケアを最近は入念に行っています。

今現在強化している事: スイムとバイクです。ドラフティングレースで1つでも前の集団でレースが出来て、バイクでも遅れをとらないようにするためにこの2種目を強化しています。

今後の目標:日本選手権出場、完走です!

応援して下さっている人達に一言:いつもあたたかい応援、現地での声援ありがとうございます。ランの時に応援をいただくといつもすごく力になっています。これからも目標に向かって頑張りますので引き続き応援よろしくお願いします。

1 / 3012345...102030...最後 »
トライアスロンについてのご不明な点やご質問はお気軽にご連絡ください